Laravel

MacでLaravel開発環境とツールの紹介

スポンサーリンク

MacでのLaravel開発環境とツールの紹介です。

そもそもLaravelとは何?

Laravelを使うとあらかじめフレームワークで、
「型」が決まっているのでPHPでのウェブシステム開発を円滑にできます。

「お作法」に慣れてしまえば機能追加も容易で、学習コストが低いです。

個人的にもタスク管理や工数管理、株価情報やニュースなど、
外部から大量データを取得するシステムなどを構築して利用しています。

ウェブシステム”あるある”の、
ユーザー名とパスワードを入力して、
ログインさせる認証機能を持ったウェブシステムも瞬殺で作成可能です。

クラウドベースの統合開発環境 (IDE)のデメリット

LaravelはDBのテーブルも自由に定義でき、
画面のデザインもHTML、CSSの知識があれば思い通りのシステムが組めます。
アイディア次第で可能性は無限大です。

Laravelの入門書を眺めていると最近ではDockerが人気だったり、
ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできる
クラウドベースの統合開発環境 (IDE)などが紹介されています。

かつて「Cloud9」を使用して便利だなと思ったのですが、
こういった無料サービスは急に有料になってみたり、
買収されてサービスが終了や他社に移行されたりして落ち着きません。
この点がIDEのデメリットです。

※ちなみに「Cloud9」はAmazonに買収されました。

「ちょっと学習目的でLaravelを触ってみよう」とか
「サーバーを構築する作業が勿体無い!」のであれば、
オンラインのIDEも良い選択なのですが、
長期間メンテをして行くような自分のシステムを持っている場合は安心ができません。

MacでLaravel開発環境。ツール4つ

システムは「資産」です。

現実世界でも大切な資産を他人の部屋に置いておくことはないはずです。

ということで、いつもMacのローカルにLaravel開発環境を構築して、
自分の「資産」のメンテナンスを行なっています。

MAMP:サーバー環境

サーバー無くして、Laravel開発無し。

単体でMacにApacheとmysqlをインストールして、
サーバー構築することも出来るのですが面倒臭いです。

MAMPで数分でサーバー構築を終わらせてしまいましょう。

MAMPのサイトからインストーラーをダウンロードして、
Macにインストールするだけでサーバーが完成します。

Downloads - MAMP & MAMP PRO
Downloads - MAMP & MAMP PRO

www.mamp.info

有料の上位版の「MAMP Pro」の広告が出ますが、
無料のままでも全然使えます。

MAMPの良いところは、
Macの任意のフォルダーをドキュメントルートに指定できる点です。

複数サイトの開発を行う場合はPreferenceのServerタグで変更できます。

ツールの紹介なのでMAMPサーバーとLaravelインストール方法は割愛しますが、
下記Laravelのサイトの手順を参考にLaravelをインストールすると良いです。

Laravelはコマンドプロンプトでインストールします。

Laravel - The PHP Framework For Web Artisans
Laravel - The PHP Framework For Web Artisans

Laravel is a PHP web application framework with expressive, elegant syntax. We’ve already laid the f ...

laravel.com

Sublime Text:ソースコード編集

サーバー構築とLaravelをインストールしたら、
コーディングです。

基本LaravelのソースはPHPファイルなので、
馴染みのテキスト編集ソフトを用いれば問題ないです。

以前は「Cot Editor」を使っていたのですが、
現在は「Sublime Text」を使っています。

Download - Sublime Text
Download - Sublime Text

www.sublimetext.com

理由は、軽いことと、フォルダーを指定してOpenするとフォルダー構造をツリー表示してくれるからです。

ViewやControllerなど、複数のコードを行き来するウェブサービスの開発には最適です。
ソースの拡張子に応じてカラーリングもしてくれるので便利です。

Source Tree:GitのGUIツール

ソースの管理はGitを使用しています。

ローカルでもいいのですが、
私はレンタルサーバー上にGitのリポジトリを生成して、
そこに対してローカルのMacからコミットをしています。

コマンドプロンプトでもコミット可能なのですが、
GUIで操作できるSource Treeを用いています。

ファイルが変更された差分もビジュアル表示されるので重宝しています。

Sourcetree | Free Git GUI for Mac and Windows
Sourcetree | Free Git GUI for Mac and Windows

A Git GUI that offers a visual representation of your repositories. Sourcetree is a free Git client ...

www.sourcetreeapp.com

FileZilla:FTP転送ツール

最後にFTPツールです。

MacのFTPといえばFileZillaです

FileZilla - The free FTP solution
FileZilla - The free FTP solution

FileZilla - The free FTP solution for both client and server. Filezilla is open source software dist ...

filezilla-project.org

LaravelをWebに公開した後に機能追加や改修を行なった場合は、
主に「app」「resource」「route」フォルダーの中のファイルが変更されていきます。

本番のサーバーに転送する際にFileZillaを用いている。

Windows環境であればFFFTPを使っていたのですが、
最近はWindows環境でもFileZillaを使っています。

まとめ

以上、普段使用しているMacでの
Laravel開発ツールを4つ紹介しました。

巷では、スタイリッシュなオンラインの
クラウドベースの統合開発環境 (IDE)も色々出ていますが、
オーソドックスな鉄板ツールで落ち着いています。

こちらもCHECK

紙飛行機を飛ばす外国人女性
LaravelからWordPressに記事投稿する方法

スポンサーリンク Laravelからワードプレスに記事投稿できないのか? Laravel(8.x)を使用して、WordPressの記事投稿が効率化できないか調査していたら下記記事を見つけました。 まさ …

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

ポチッ押して応援してください!

にほんブログ村 IT技術ブログへ

-Laravel